みずほ銀行のカードローンでは勤務先に在籍確認されない?

キャッシングを利用しているときに職場が変わったら、できるだけ早く業者に連絡しましょう。住所や電話番号の変更も同じように対応しましょう。仕事が変わったからといって、すぐにキャッシングの利用停止措置がとられるという話は聞いたことがありません。 むしろ、後からバレてしまうと、悪気が無くとも虚偽の申請とみなされて問題視されるケースが多いです。近年のカードローン(キャッシング)は昔に比べ、ネットでクチコミが広がるからか、利用者に便利で使いやすいサービスを重視するようになってきています。とくに昔と変わったなと思うのは、ネットのみでサックリと申込・審査・融資の一連の手続きが終わることだと思います。 それだと高額な借入は無理ですが、運転免許証があれば写メやデジタルファイル化して送信するだけで家にいながらにして契約できます。郵送手続きがないのでスピーディですし、みずほ銀行口座に入金してもらうこともできますし、カードを発行してもらうことも可能です。でもみずほ銀行にすれば、普段利用しているATMでお金を引き出す(借りる)ことができます。容易に借りれていいのですが、たかが一日と支払いが遅れてしまうと、一日単位で遅延損害金という延滞金を支払うことになります。支払う延滞金は最大で20%もの年利になるのです。 その上、遅滞するとそこにも一日単位で金利が発生するため、長期間滞らせると、支払う金額が増える一方となります。もしも遅延してしまったら早めの支払いを心がけた方がいいです。
みずほ銀行カードローン勤務先にバレない?【在籍確認どう?】