住宅ローンにはどんな種類があるの?

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、迷っているという方がとても多いのが現状です。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多く無料で相談できる場合もあるので是非参考にしてみましょう。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を購入する事ができます。

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

まとまったお金が入った時に返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

あとですね、住宅ローン借り換えならシミュレーションもあるのでぜひ計算して将来に備えましょう!但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

参考:住宅ローン審査に落ちない方法は?審査基準検証!【借り換えは厳しい?】

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

住宅ローンの金利をわけると変動金利と固定金利という物があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

申請方法はとても簡単で近場にある金融機関で可能ですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

または、不動産屋から紹介される金融機関にする方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので確定申告で申告しなければいけません。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。

どちらも住まないのであれば家を売却してお金にするという場合、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、どちらかが残りの返済を迫られることになります。

よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。

マイホームの夢を実現させたい!と願ったとき金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか迷ってしまいますよね。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。

けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込み者全員が通るという事でもないので注意してください。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。

という保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

自分の家が欲しいと思ったとき住まいの融資に頼る人がほとんどでしょう。

銀行と名が付く所ならどこでも申請はできるので評判などを気にしながら選びたいですよね。

その時参考になるのが、インターネットの口コミサイトです。

参考サイトには資金調達に利用した人たちの意見のほか従業員の接客態度、お店は清潔感があるかどうかまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるので契約を良いものにしたい人には大変良い参考例になるかと思います。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。

住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

なので、すぐに支払いをする。

といった事は難しいですよね。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

それにより、確実に通る。

といった甘い感じではありません。

通過しなかったケースも多々あります。

よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。