現在使用している携帯の2年縛りの契約が完了したらその後はどうしようか迷っています

今使っている携帯の2年縛りの契約が終了したら、次をどうするかに迷っています。
ワイモバイルというものを知りネットで調べていますが、下取りキャンペーンというものが実施されていることを知ることになりました。
下取りの金額がとても気になります。
値段によれば、下取りに出してみてもいいかもしれません。
プロバイダの速さに関してですが、ほとんどの人はインターネットの閲覧、データのダウンロードというようなことで主に使っていると思うので、どちらかと言えば下り速度の方が重要ではないかと思います。
ホームページをインターネットで閲覧するくらいならば、そんなに速いスピードでなくとも問題なく使用できます。
PCやタブレットなどの端末をネットに接続するためのWi-Fiルーターとしてスマートフォンを利用することをIT用語でテザリングといいます。
ヤフーのモバイルであるワイモバイルでは、ソフトバンクと同しようにフリーでテザリングオプションを利用できてしまいます。
ただし、使用するに当たってはデータ通信量の月間契約値を超過しないように注意することを忘れないでください。
wimaxを申し込みするにあたって不安に思ったのは、回線の早さでした。
無線である為、自身の暮らす環境にずいぶん影響されるのではないかと感じたからです。
正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度確認が可能でした。
十分な早さだったので、早々に契約しました。
wimaxにはいろいろなプロバイダがあり、更にその中には初期費用完全無料のもの、そのうえ端末代金が完全に無料のプロバイダもいくつも存在します。
回線自体プロバイダによる速度に差がないので、出費を極力抑えたい方はできる限りお得なプロバイダを選ぶと希望通りになるかもしれません。
プロバイダをどれにするか決める時には前もって評判を確かめておくのが良いと思われます。
プロバイダを選ぶときに大事なのは接続が安定しているのか、安定した速度なのかといったことですから、その辺はきちんと確かめてください。
また地域によっても多少は違いがありますので、ご自分の暮らしておられる地域の情報なども調べておくと良いです。
wimaxデータ通信であるなら速度の制限がないため仕事でPCを使っている方でも何の心配もなく使うことが可能だと感じます。
パソコンで通信する際は、スマホなどのモバイル端末に比べると、ベージの容量も多くたちまち通信量が増えるので制限なしは助かります。
次回のインターネット環境として、候補にワイモバイルを入れています。
どうせなら得したいので、どのようなキャンペーンをしているのか確認してみました。
ざっくりと目を通したところ、他社から乗り換えることでキャッシュバックという制度がありました。
適用の条件などを確かめて、慎重に考えようと思います。